<< 秋田のこくほ


「秋田のこくほ」 (2012年01月)

表紙
<表紙>

目次


高岩神社裸参り/能代市
CONTENTS

  年頭のご挨拶
  秋田県国民健康保険団体連合会 理事長 齋藤正寧


  保険者紹介 みんなでつくる わのまち 能代の健康づくり  能代市



  保健対策シリーズ No.343
  健康力日本一を目指して  男鹿市生活環境課



  生活習慣病予防の食事 (社)秋田県栄養士会
  食べやすい鶏肉でいろいろな組み合わせを 


  平成23年度健康づくり絵画コンクール優秀作品発表


  連合会のうごき


  きらめく国保スタッフ・連合会の日誌から

保健対策シリーズ
<343>
 
健康力日本一を目指して
 

【男鹿市生活環境課(保健センター)】 

 男鹿市は、秋田県臨海部のほぼ中央に位置し、日本海に突き出た半島の大部分が市域です。海と山、そして湖と変化に富んだ美しい自然景観に恵まれています。
 男鹿市と若美町の2市町が合併し、新生「男鹿市」が誕生して6年が経過しました。現在、人口32541人の中で、がん死亡30.7%、心疾患死亡16.2%、脳血管疾患死亡11.9%と生活習慣病による死因割合が半数以上を占めています。「健康でイキイキと、住み慣れた街で生涯安心して暮らせるまちづくり」をモットーに、生活習慣病予防のために取り組んでいる事業内容について紹介します。

 
特定健診、後期高齢者健診、各種がん検診の受診率向上にむけた取り組み


 
○アクションプラン作成

 若い世代をはじめ、健診未受診者に対して、生活習慣行動調査を実施し、一人ひとりの健康意識レベルと生活習慣を把握しました。そして、その方にふさわしい受診勧奨アドバイス方法と健診体制の在り方を明確化し、受診率向上を図ることを目的に作成しました。その中で23年度は、「健(検)診ガイドや広報への掲載内容の見直しを図る」ことに重点をおき、健(検)診ガイドを全リニューアルし、市民から「分かりやすくなった」と好評を得ています。
 
○コール・リコール事業

 県とタイアップし、電話による健(検)診の個別受診勧奨を実施しました。23年度は若美地区をモデル地区として実施し、特定健診・後期高齢者健診において、受診者数が前年度比で25%増加しました。来年度は地区を拡大して実施する予定です。
 
エンパワーメントを高める健康教育を実施


 
○特定保健指導

 働き盛りの方々をターゲットにし、500キロカロリーのランチ付きで、日曜日に実施しています。
 個別と集団指導の特徴を活かして、行動変容のステージやライフスタイルを把握し、やる気にさせるきっかけづくりに力をいれています。また、半年後の評価に血液検査(血糖値・LDLコレステロール等)を無料で実施し、健康な生活習慣の継続をセルフマネジメントできよう支援しています。




保険者紹介 能代市

保険者紹介


【高岩神社裸参り】
 二ツ井町荷上場地区の高岩神社で旧暦小正月に行われる伝統行事です。今年度は、2月6日(月)に開催されます。


みんなでつくる わのまち 能代の健康づくり

 当市では、国保担当課及び健康づくり担当課の連携により、特定健診・特定保健指導、健康教育、健康相談等の保健事業を実施しています。対象となる被保険者数は、近年、減少傾向にありますが、1人当たりの医療費は増加傾向にあり、医療費適正化に向けた取り組みが今後一層重要となります。
 平成22年度は、「笑顔まんかい教室」、「心の傾聴ボランティア養成講座」、「健康づくりサークル」等、さまざまな健康教室を計124回開催し、3302人が参加しました。健康相談は67回、1636人の参加となっております。市民の健康づくりに対する意識は年々向上しており、今後もよりよい生活習慣のため、事業を継続していきたいと思います。
 広報活動につきましては、「のしろの国保」を年4回発行し、国保制度や健康づくり等に対する情報や資料等の提供を行い、国保に関する意識の向上や健康の保持促進を図っております。
 今後も、「のしろの国保」や市広報、ホームページ等を活用したPRを充実させ、健診(検診)受診率向上と疾病予防を図り、市民の健康増進につながるよう事業の推進に努めます。









国保主管課長より一言
市民保険課長  石出 好子

 コンビニ収納について

 収納率の低下は国保財政の逼迫に直接つながり、納めている人にさらなる負担を強いることになるため、いかに収納率をあげるかが大きな課題となります。
 現在、能代市では毎週金曜日に延長窓口、毎月第一日曜日に休日窓口を開設しているほか、ショッピングセンター内に開設した市民サービスセンターで、年末年始を除いた毎日午後7時まで、税金などの収納事務を行い、納付環境の整備に取り組んでおります。
 さらに、24年度からはコンビニ収納と郵便局での納付書納付を導入すべく、準備を進めているところです。特にコンビニ収納は、365日、日曜祝日を問わず、24時間、全国どこでも納付可能になります。市民の生活に溶け込んでいるコンビニでの納付が可能になることにより、収納率が向上することを期待しております。






秋田県国民健康保険団体連合会