<< 医療機関・薬局の皆様へ


レセプト電算処理システムについて

●レセプト電算処理システムとは

診療報酬の請求を紙レセプトに代えて、磁気媒体(FD・MO・CD-R)に収録したレセプト(磁気レセプト)で提出を行うことができる仕組みを整備したものです。

保険医療機関・薬局、審査支払機関及び保険者を通じて一貫した整合性のあるシステムを構築し、業務量の
軽減と事務処理の迅速化を実現することを目的としています。


レセプト電算処理システムへの参加申込について

●手続きの流れ


医療機関・薬局から国保連合会へ
「光ディスク等を用いた費用の請求に係る確認試験依頼書」を提出

光ディスク等を用いた費用の請求に係る確認試験依頼書:医療機関・薬局(PDF)
※確認試験を希望する月の前月20日までにご提出ください。

国保連合会から医療機関・薬局へ
「磁気レセプト確認試験実施連絡書」を送付

医療機関・薬局から国保連合会へ
「試験用磁気レセプト」を提出
電子媒体への表記(PDF)
提出期日は、紙レセプトと同様毎月10日ですが、早期提出にご協力ください。
※この磁気レセプトはあくまで試験用ですので、この月の実際の診療報酬は別にご請求ください。

国保連合会から医療機関・薬局へ
「磁気レセプト確認試験結果連絡書」などを送付

審査用出力紙レセプト(エラー分のみ)
受付エラー連絡票
確認試験結果リスト
確認試験済磁気レセプト(請求媒体)

試験結果の分析
参加希望医療機関・薬局で試験結果を分析してください。
※再度確認試験を行う場合は再度「光ディスク等を用いた費用の請求に係る確認試験依頼書」をご提出ください。
磁気レセプトによる請求開始
確認試験の結果に基づき、磁気レセプトによる請求に支障がないと判断されましたら、磁気レセプトによる請求を開始する月の前月20日までに「光ディスク等を用いた費用の請求に関する届出」をご提出ください。
光ディスク等を用いた費用の請求に関する届出:医療機関・薬局(PDF)
磁気レセプト提出の際には「光ディスク等送付書」を添付し、ご提出ください。
光ディスク等送付書(PDF)

※確認試験は、参加希望医療機関・薬局の任意により実施することになっていますが、 万全を
 期すため確認試験の実施を推奨します。


レセプト電算処理システムに関するお問い合わせ、参照リンク先

レセプト電算処理システムを導入する際は、審査管理課システム管理班までご連絡ください。
また、詳しい情報は、厚生労働省ならびに国保中央会のホームページでご覧になれます。

●お問い合わせ先
審査管理課 システム管理班 TEL:018−862−3855
FAX:018−824−0043
MAIL:shinsa-kanri@aki-kokuho.jp

  


秋田県国民健康保険団体連合会