<< 一般の皆様へ(被保険者向け)

保険料(税)
保険料(税) 保険料(税)の決めかた 保険料(税)についての注意
保険料(税)を滞納すると


保険料(税)の決めかた

保険料(税)の計算方法は、

  所得割 (世帯の所得に応じて算定)
  資産割 (世帯の資産に応じて算定)
  均等割 (加入者1人あたりの金額として算定)
  平等割 (1世帯あたりの金額として算定)

 の4つの中から、各市町村がそれぞれ独自に組合せ・金額を決定し、1世帯あたりの年間保険料(税)を算出します。そのため、同じ所得・世帯構成であっても市町村によって保険料(税)額は異なります。
 お住まいの市町村の保険料(税)率などは、市町村のホームページや国保担当窓口でご確認いただけます。

また、保険料(税)は年齢に応じて次のようになります。
 40歳未満の人

医療保険分(医療分)と後期高齢者支援金分を国保の保険料(税)として納付します。

※介護保険分(介護分)の負担はありません。
 40〜64歳の人(介護保険の第2号被保険者)

医療分と介護分の合計額を国保の保険料(税)として納付します。


※同じ世帯の40〜64歳の人以外の所得などは介護分の計算に影響しません。
※それぞれ別々に、納める額の上限が定められます。

年度の途中で40歳になる人の保険料(税)

40歳の誕生日のある月(1日が誕生日の場合はその前月)分から介護分を合わせて納めます。

 65歳以上の人(介護保険の第1号被保険者)

国保の保険料(税)は医療分のみで、介護保険料は別に納付します。



年度の途中で65歳になる人の保険料(税)

 年度当初に65歳になる月の前月(1日が誕生日の人はその前々月)までの介護分を計算し、医療分・後期高齢者支援金分との合計額を年間の保険料(税)として納めます。


秋田県国民健康保険団体連合会