<< 一般の皆様へ(被保険者向け)

保険料(税)
保険料(税) 保険料(税)の決めかた 保険料(税)についての注意
保険料(税)を滞納すると


保険料(税)を滞納すると

保険料(税)を理由もなく滞納すると、次のような滞納措置がとられます。


1 督促を受けたり、延滞金が加算される場合があります
2 さらに滞納を続けると、
有効期限の短い「短期被保険者証」が交付されます
「短期被保険者証」とは

有効期間が短い保険証で、期限切れごとに保険証の交付を国保の窓口へ行くことになり、そのつど保険料(税)の納付が求められます。
3 1年間滞納を続けると、保険証を返すことになり、「被保険者資格証明書」が交付されます。(このとき、かかった医療費はいったん全額自己負担となります
「被保険者資格証明書」とは

今までの保険証のような効力がなくなり、国保の資格があることだけを証明するものです。この場合、お医者さんではいったん医療費は全額自己負担となります。
4 1年半滞納を続けると、国保の給付の全部または一部を差し止められます
5 さらに滞納が続くと、国保の給付(療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費など)の全部または一部が滞納保険料(税)にあてられます

※上記滞納措置のほか、財産の差し押さえなどの滞納処分を行う場合があります。

次のような場合、保険証の再発行が受けられます。

・滞納保険料(税)を全て納めた場合
・滞納額が著しく減少した場合
・滞納の事情が認められた場合

保険料(税)を納めるのが困難なときは国保の窓口へ!

 災害や特別な事情で保険料(税)の支払が困難なときは、お早めに国保の窓口へご相談ください。
 一定の基準に該当した場合、申請により保険料(税)の減免または納期限が延長される場合があります。


秋田県国民健康保険団体連合会