<< 一般の皆様へ(被保険者向け)

70歳からの医療
70歳からの医療 75歳以上の医療(後期高齢者医療制度)
 


70歳からの医療
70歳からの医療

70歳の誕生日の翌月から医療の受け方が変わります。

ただし、月の初日が誕生日の方はその月から変わります。

受ける医療 お医者さんにかかるときに
必要なもの
74歳までは国保(退職者医療制度を含む)で医療を受けます
保険証
国民健康保険高齢受給者証
75歳からは後期高齢者医療制度で医療を受けます

※65歳以上で、一定の障害がある人も後期高齢者医療の対象となります。
保険証
健康手帳
医療受給者証

70歳以上の人の自己負担の割合
 70歳〜
 74歳の人
 昭和19年4月2日以降生まれ      2割
 昭和19年4月1日以前生まれ      1割※1
 現役並み所得者      3割
※1 平成26年4月から予定されていた2割負担への変更は、1割に据え置かれました。

70歳〜74歳の人の限度額
所得区分 自己負担限度額
外来(個人単位) 入院・世帯単位
現役並み所得者 44,400円 80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
<多数回該当:44,400円>
一般 12,000円 44,400円
低所得U 8,000円  24,600円
低所得T 15,000円

 なお、「高齢受給者証」および「限度額適用・標準負担額減額認定証」(住民税非課税)を提示することで、医療機関への支払いが自己負担限度額までとなります。
 認定証の交付については、市町村の担当窓口にお問い合わせください。

高齢受給者証

70歳を迎える方には、高齢受給者証が交付されます。
高齢受給者証には自己負担の割合が示されています。
医療を受けるときは、保険証と一緒に忘れずに提示してください。



秋田県国民健康保険団体連合会