<< 一般の皆様へ(被保険者向け)

国保で受けられる給付
国保で受けられる給付  療養費の支給 高額療養費
交通事故にあったら 保険証が使えないとき


国保で受けられる給付

 病気やケガをしたときに、医療機関にかかった医療費の一部を支払うだけで、次のような診療を受けることができます。

診察 国保で受けられる給付
医療処置、手術などの治療
入院及び看護(入院時の食事代は別途負担します)
在宅療養(かかりつけの医師による訪問診療)及び看護
医師の指示による訪問看護

自己負担割合

被保険者の年齢により、負担割合は次のようになります。

対象被保険者 負担割合
 義務教育就学前までの人 2割
 義務教育就学〜69歳までの人 3割
70歳〜
74歳の人
 昭和19年4月2日以降生まれ 2割
 昭和19年4月1日以前生まれ   1割 ※1
 現役並み所得者 3割
※1 平成26年4月から予定されていた2割負担への変更は、1割に据え置かれました。

こんなときには支給があります

●出産育児一時金の支給
被保険者が出産したときに支給されます。妊娠85日以上であれば死産・流産でも支給されます。

●葬祭費の支給
被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った人に支給されます。

●移送費の支給
重病人の転院などの移送に費用がかかった時、保険者が必要と認めた場合に支給されます。



秋田県国民健康保険団体連合会