<< 一般の皆様へ(被保険者向け)

国保で受けられる給付
国保で受けられる給付  療養費の支給 高額療養費
交通事故にあったら 保険証が使えないとき


高額療養費(70歳未満の人の場合)

 病気やケガでお医者さんにかかったときに、自己負担限度額を超えて一部負担金を支払った場合、超えた分が申請により払い戻されます。なお、「限度額適用認定証」(上位所得者・一般)、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口へ提示することで、自己負担限度額の支払いまでとなります。以上の認定証は、国保の窓口で交付を受けてください。

一人の人が、1ヵ月間に、1つの医療機関に、下表の限度額を超える一部負担金を支払ったとき
一人の人または同じ世帯の国保加入者が、一ヵ月間に21,000円以上支払った場合が複数あり、
合計額が限度額(下表)を超えたとき


自己負担限度額(月額) 

70歳未満の人または国保世帯の限度額<平成27年1月から>
所得要件  自己負担限度額
基礎控除後の所得
901万円超
252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
<多数回該当:140,100円>
基礎控除後の所得
600万円〜901万円以下
167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
<多数回該当:93,000円>
基礎控除後の所得
210万円〜600万円以下
80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
<多数回該当:44,400円>
基礎控除後の所得
210万円以下
57,600円
<多数回該当:44,400円>
住民税非課税 35,400円
<多数回該当:24,600円>


70歳〜74歳の人の限度額
所得区分 自己負担限度額
外来(個人単位) 入院・世帯単位
現役並み所得者 44,400円 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
<多数回該当:44,400円>
一般 12,000円 44,400円
低所得U 8,000円 24,600円
低所得T 15,000円






秋田県国民健康保険団体連合会